多職種の皆さま

USE AND COOPERATION

薬局・薬剤師の
活用と連携

薬局・薬剤師の役割と業務内容

薬局・薬剤師の役割と業務内容

薬剤師はお薬の専門家として、安心・安全な薬物治療の実施をサポートします。お薬の効果が適切に出ているか、副作用が出ていないか、お薬が多すぎないかなど、患者様の体調や生活状況について確認するとともに、患者様に合わせた用法・用量などをご提案します。
在宅訪問の対応

在宅訪問の対応

在宅で療養する患者様のご自宅やご入居先の施設に定期的に薬剤師が訪問し、お薬のお届けと管理、服薬についてのご相談に対応します。分割調剤、独居・老老介護の患者様など、お薬の管理が難しい状況の患者様の適正な治療をサポートします。
活用と連携の実績

活用と連携の実績

「お薬の飲み忘れが多い利用者様に、できる対策はないか」「お薬が多く、管理が不安な患者様がいる」など、看護師やケアマネージャーより相談を受け、薬剤師からより良い用法・用量をご提案した実績も。お薬に関するお困りごとは、お気軽にご相談ください。
HOME VISIT

薬剤師の在宅訪問

サンファーマシーグループでは、薬剤師の在宅訪問を積極的に実施しています。多職種の皆さまと連携しながら、在宅で療養する患者様の医療・介護をより良いものにできるように努めています。
サポート内容
お薬のご提案

お薬のご提案

患者様の服薬状況を把握。より適正なお薬の用法・用量などを薬剤師の視点からご提案します。
お薬の管理

お薬の管理

お薬の飲み残し状況の確認・調整や、飲み方に合わせた管理・保管方法についてご提案します。
効果・副作用のご説明

効果・副作用のご説明

お薬の効き目の確認と量の増減についてのご提案。副作用を早期発見するための初期症状のご説明と報告等を行います。
飲み合わせの確認・ご説明

飲み合わせの確認・ご説明

他の病院のお薬や健康食品、サプリメントとの飲み合わせについて確認し、ご説明します。
在宅医療の利用方法
薬剤師が在宅訪問(訪問薬剤管理指導)を始めるきっかけとしては、下記の4つのパターンがあります。開始までの流れをご確認いただき、お気軽にご相談ください。
ご利用料金
介護保険をご利用の方(1割負担の場合)

訪問1回につき

単一建物居住者 1人

509

単一建物居住者 2〜9人

377

単一建物居住者 10人以上

355

医療保険をご利用の方(1割負担の場合)

訪問1回につき

単一建物居住者 1人

650

単一建物居住者 2〜9人

320

単一建物居住者 10人以上

290

※医療・介護制度に基づき居住環境や保険負担割合により、金額が異なります。 ◎薬剤師の訪問は介護保険の利用限度額の枠外です。

NEWS

お知らせ

現在はお知らせがありません。